燻製方法:燻煙材と燻製工程

ONLINE SHOP

スコッランド産ピート×岐阜県産天然ヒノキで燻製

燻煙材はピートをメインにウッドも加えます。
ウッドをブレンドする理由はピートだけでは香りが強すぎる為。ピートスモークチーズは、ピートの強烈な香りをヒノキで整えています。
檜チップとピート

スコットランド産ピート

メインで使用する燻煙材はスコットランド産のモルト用ピートです。
詳しくはコチラを。

なぜ針葉樹の檜を加えるのか?

燻製材に使用する木材は、広葉樹が一般的です。
ただそれでも針葉樹であるヒノキを使用する理由は、ヒノキの強い香りが、ピートとの相性が一番よくなにより「おいしい」からです。

燻製工程3日の意味。

燻製工程は燻製と、冷蔵庫での冷却を繰り返し3日間行います。
これにより燻製の樹脂被膜をミルフィーユ状に形成。外皮を硬くしつつ中低温の燻製で水分をゆっくり抜き、スモーキーで濃厚なチーズに仕上げます。

断面が特徴的な仕上がり。

外皮の断面が厚く薄っすらとグラデーションが、かかっています。
スモークチーズ

ヒノキの仕入先。

使用する檜は、岐阜県揖斐郡産の天然ヒノキ。
(仕入れ先:いび森林資源活用センター協同組合)
檜
檜チップ

いび森林資源活用センター協同組合

岐阜県揖斐郡揖斐川町。
周辺は豊かな自然に囲まれています。こんな環境で育ったヒノキの煙は、美味しいに決まっている。
恋のつり橋
ダム
揖斐森林
いび森林資源活用センター協同組合
■いび森林資源活用センター協同組合
HP:http://www.ibi-forest.org/


ONLINE SHOP